〈西陣岡本〉について


〈西陣岡本〉岡本織物株式会社 について

 

 弊社は京都市上京区で「西陣」と呼ばれる地で創業し、営業をしています。「西陣」で織られる布地は「西陣織」と総称されています。

「西陣550」

明治時代に現社長の曽祖父が職人として神社仏閣用の「金襴」と呼ばれる西陣織を織り始めました。それ以来約100年以上、弊社は西陣で絹織物を織る仕事をしています。現在、西陣織の伝統工芸士が3名在籍しています。

NHK サラメシ

1986年に株式会社設立。一貫して親族経営で仕事をしています。

弊社の主な製品として、世界でも西陣でしか織れない特殊な本金糸や本プラチナ糸を織る手織りの最高級西陣織金襴を製造しています。力織機の製品でも高価格帯の高級西陣織金襴の織元として神社仏閣などで使われる絹織物を織っています。
残念ながら既存の商品で掲載可能な画像はありません。

ACラボ 個展 本金引箔

弊社の主な販路である神社仏閣の絹織物は卸問屋を通して販売しなければならなく、販路を拡大出来る見込みはない為、新規分野へ販路開拓を始め、ウェブサイト・SNS等もチャレンジしています。
フォローして頂けたらとても嬉しいです。

 西陣織の需要は減少傾向にある中、世界へ西陣織製品を販売していくために「西陣織」について積極的に発信しています。

これから先も上等な西陣織を正規価格で世界へ届けていく事。神社仏閣の販路を守りつつ、新規販路全般での売り上げを更に伸ばし、新規雇用をして技術の継承をしていくことを今現在の目標にしております。

全正絹 西陣織 金襴 さくら紋様

全正絹 西陣織 金襴 Insect 虫紋様3

全正絹 西陣織 金襴 雪輪紋様

以後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

西陣織のお買い物は