西陣織のインテリア SUI Table 発表します。


SUI Table

Golden Coloured Silk Kyoto Glass

西陣織の絹地をガラスに挟みこみました。

合わせガラスの安全性と美しい絹地を楽しめる意匠ガラスです。

ガラスに絹地を挟み込むことで、今まで西陣織では実現できなかった透ける感覚を表現、透明感の中に金をまとう絹地が浮かび上がる、新しい空間をご提案いたします。

今回はガラステーブルとしてご提案をいたしますが、間仕切りなど多様な場面を彩るインテリアになる事でしょう。

Golden Coloured Silk Kyoto Glass

SUI Table
Golden Coloured Silk Kyoto Glass

「極楽」を現してきた西陣織金襴の豪華さはそのままで、美しいガラスの透明感をもつ「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」は空間を色鮮やかにゴージャスに彩ります。

Golden Coloured Silk Kyotoシリーズはガラス製のほか、アクリルの「Golden Coloured Silk Kyoto Acrylic」もあります。

絹織物を、空間装飾材「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」にしました。

絢爛豪華な金襴地をガラスと共に現代の生活空間にご提案します。

Golden Coloured Silk Kyoto Glass

SUI Table
Golden Coloured Silk Kyoto Glass

「Golden Coloured Silk Kyoto シリーズ」は、建材(ガラス・アクリル)に生地(絹)を組み合わせたフルオーダーが可能な製品です。

西陣に伝わってきた伝統の職人技と共に、世界でただ一つのお客様だけの空間をご用意できます。

「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」は空間を装飾するだけではなく、中間膜が飛散防止の機能も兼ね備え、紫外線カットの効果で生地の変色も防ぎます。

※「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」シリーズは、内装材としてご利用ください。

封入された美しい西陣織の伝統美が際立つ「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」。

その意匠性とともに、合わせガラスの機能性を備え、よりモダンにより美しい空間を作ります。

「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」は、絹織物と2枚の板ガラスそれぞれの資材の間に、中間膜を挟んだ5層構造となります。この5層構造を熱と圧力をかけて圧着させるので、強靭で対貫通性に優れています。衝撃に強く、地震や台風などの災害時に万一破損しても、ガラス片が飛散・脱落しにくい安全性の高いガラス装飾です。

「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」の優れた特性

美観・飛散防止・安全性・防犯・防音・紫外線カット率良好(ご使用環境などによって変化します。)

加工について

  • 合わせガラスの特性上、小口が若干ずれます。
  • ガラスの四隅・エッジ部分にやむを得ず、わずかに気泡が生じる場合があります。
  • 寸法公差(サイズの誤差)は±1ミリとなります。※板ズレあり
  • 指定のサイズより大きくなると困る場合は+0ミリ指定(+0mm~-2mm)、小さくなると困る場合は-0ミリ指定(-0mm~+2mm)なども可能です。
  • テスト性能について:「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」は、一般の合わせガラスの強度、安全性等に関するJIS R 3205の規格認定性能同等品 (但し、合わせガラス中間膜の性質上、JIS規格認定対象外)、不燃材料に相当。しかし、オーダーで製作する為、JIS規格同等品とはならず、JIS規格認定対象外となります。
  • サイズ [最大] W900mm × H1,800mm(布地のサイズにより、一部透明部分が出来ます)
    • 更に大きなサイズに関しましてはお問い合わせください。
  • 生地特性

繊細な紋様表現と絹の天然素材の特性上、以下の制約がございます。

  1. 生地巾に関して
    1. 「Golden Coloured Silk Kyoto Glass」の制作上、生地端に引っ張り代を必要とします。
    2. 生地巾に対しガラス仕上がり巾-100mm となります。
  2. 柄物に関して
    1. 生地の特性上、製作段階の熱処理で多少の「よれ」 が発生することがあります。
    2. 各パネルの完全な意匠統一はできません。
  3. 注意事項
    1. 正絹など天然素材を封入しますので、若干の柄のゆがみが発生します。
    2. 安全上のご注意、環境条件のご注意等は、必ずご確認ください。
      1. 外部、直射日光を受ける場所でのご使用はおやめ下さい。
      2. 直接水がかかる場所、湿度の高い場所で小口を露出する納まりはおやめ下さい。
      3. コンロ前等、高温となる場所でのご使用はおやめ下さい。

JFW Japan Creation 2022でもご覧いただけます。

  • 会期:2021年12月7日(火) 10:00~18:00 ~ 8日(水) 10:00~18:00
  • 会場:東京国際フォーラム ホールE(展示ホール)*同時開催: Premium Textile Japan 2022 Autumn/Winter
  • ブースナンバー:j-18
  • 来場:【事前登録制】(入場無料)
    • ※新型コロナウイルス感染症予防のため、招待状を廃止しますご来場には、必ずWeb事前来場登録をお願いいたします
    • Web事前来場登録サイト  >>> https://www.japancreation.com/reg/

https://okamotoorimono.com/