鶴亀甲紋様について


日本の伝統を知って頂きたい。

日本に伝わってきた美しい伝統的な紋様をお届けしたいと、〈tsuto〉の根幹となる二つの紋様をデザインしました。

〈tsuto〉の鶴亀甲紋様が生まれるまで

日本人として身近で縁起の良いデザインと言えば「鶴」です。その「鶴」をイメージしたシンプルで美しい製品を作ろうと考えました。

シンプルで格調高いデザイン「鶴」と一つ目に決めた「亀甲紋様」の融合を目指しました。三尾の鶴が巴形になって亀甲に収まり連続して続いていく美しいデザインです。

TSURU  KIKKOU (CRANE and Turtle Shell Pattern)

西陣織の絹織物として織り上げました。

鶴の紋様の歴史 

鶴はツル目・ツル科に分類される鳥の総称でどの種類も長いくちばし、首、足をもつ大型の水鳥です。

鶴は古代中国では仙界に棲む鳥とされていました。吉祥と長寿の象徴で、高位高官の身に着ける装飾品のデザインとして用いられました。

日本においても昔話にも馴染み深く、「鶴は千年、亀は万年」などと言われるように長生きの象徴とされています。折鶴、千羽鶴など、日本の象徴としても有名です。

その純白の羽毛と雄大に飛ぶ姿の美しく、高貴で誇り高く見える立ち姿など日本の古来からの紋様としても多くのデザインが生まれました。

鶴紋様の種類

雄大に飛ぶ姿の飛鶴紋、向かい合わせて菱の中に配置した向い鶴菱、向井鶴を〇紋の中に配置した向い鶴丸、折り鶴をイメージした折鶴紋様、「鶴亀」として亀甲と合わせた鶴亀紋、など沢山の紋様の種類があります。

〈TSUTO〉の 西陣織 鶴亀甲紋様

〈tsuto〉では目出度い「鶴亀」を鶴亀甲紋様として西陣織に織りあげました。

TSURU KIKKOU (CRANE and Turtle Shell Pattern) Nishijin Kinran Golden Silk Fabric

TSURU KIKKOU (CRANE and Turtle Shell Pattern) Nishijin Kinran Golden Silk FabricTSURU KIKKOU (CRANE and Turtle Shell Pattern) Nishijin Kinran Golden Silk FabricTSURU KIKKOU (CRANE and Turtle Shell Pattern) Nishijin Kinran Golden Silk FabricTSURU KIKKOU (CRANE and Turtle Shell Pattern) Nishijin Kinran Golden Silk Fabric

「鶴と亀」のとても縁起が良いデザイン、美しく優雅な西陣織です。

素敵な商品へと展開していきます。お楽しみに。

ご連絡は以下のURLにて承ります。

https://tsuto-japan.com/pages/contact-us

 

with ADARTS

Thank you.


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。